自己紹介します。私はJoseph Maximus Browneです。あなたは私の足が私が今住んでいるニューヨーク市の急速なアメリカのライフスタイルと、私が育った私の父のカリブ島の故郷の2つの文化に植えられていることがわかります。

12歳までに、私はすでにグレナダのすべての教区、地区、コミュニティを訪問しました。「Meet the People Tour」プログラムの下でCarriacou島とPetite Martinique島があります。そこでは、生計費に対処するためにどのような良い家族が苦労して救いの手を必要としていたか、私は直接目撃しました。

私の父はグレナダ政府によって映画プロジェクタの技術者とパブリックアドレスシステムの技術者として雇われました。私は父と同じ任務を果たすために「政府放送局」にも雇われたほど幸運でした。私の父と並んで、彼から学んだ。私はまた、私が犯罪の目撃者であり法廷に出なければならない法的側面を経験しました。これらの形成期から、私はチームプレイヤーであり、勤勉と決意の報酬が「ゲームの前に」置かれていることを知って、イニシアチブをとる強い感覚を育んだ。

私はアメリカで教育を終えました。私が入学してから3ヶ月以内に、私は7年生から9年生に昇進しました。高校の後、私は約1年間電気工学を勉強しました。その間、私は人生を変える何かを学びました。電気工学は私のためではありませんでした!

その代わり、私はもっと広い視野に旅行しました。私が会った人の意見に耳を傾けながら、私は彼らが直面した問題に対する解決策を見つけるのを助けなければならないと感じました。この間、私は、人々がより良い人生を送るのを助けた革新的なアイデアを創造するだけでなく、実現することにも優れていることを発見しました。

私は1982年に最初のビジネスベンチャーを開始し、その後、1995年にMaximus System / 2という製品を発明しました。同年、私はInpex(世界的に認められた)というショーで競い合い、安全/セキュリティにおいて最高のイノベーションを獲得しました。翌年、私はハンガリー発明家の創立100周年のためにハンガリーに招かれました。 2年後、私はEasy to Reachと呼ばれる別の製品を発明し、特許出願中でした。

私の次の革新はKoowiでした。Koowiは小規模の家庭ベースのビジネスから始まり、幅広いサービス会社に成長しました。私は、二つの言葉の部分を組み合わせることによって、素早く意味する言葉Koowiを作り出しました。その名前は現在特許と商標であり、コワイはもともと暖房と関連していましたが、同社は多様化しています。

子供時代から、私は常に人々を助けることに情熱を注いできました。そして、この欲求は、人々が彼らが欲しい生活を送るのを助けて成功するための原動力でした。